お店紹介

店名:feeldive なご店
カナ:フィールダイブ ナゴテン

 

住所:〒905-0011
   沖縄県名護市宮里4丁目 8-41

 

電話:090-5742-1878

 

沖縄本島北部の名護市にあるダイビングショップで、
ガイドが名護生まれ名護育ちのウチナンチュです。

 

ダイビング,ファンダイビング,体験ダイビング,名護市,本部町,水納島,瀬底島,水中写真,水中撮影

お店がある名護市は美ら海水族館がある「本部町」とリゾートホテルが多い「恩納村」のちょうど中間に位置する、沖縄本島北部では一番大きな街です。
店舗は実家横の三味線道場の片隅なので外観は普通の家にしか見えず見つけるのが難しいと思いますが、小さい看板は用意してるので頑張って見つけて下さい。
また日中は海に出てる事が多く夜も別の場所で作業してる事が多いので、来店される際は電話でもメールでも良いので一報頂けると幸いです。

 

ダイビング,ファンダイビング,体験ダイビング,名護市,本部町,水納島,瀬底島,水中写真,水中撮影

当店のダイビングスタイル
ファンダイビングはお客様のスキルや希望を考慮して少人数制で開催しており、お客様が多い時でも1チーム4名様前後で開催します。
その他のメニューに関しては基本的に1グループ貸切りのプランでご案内。

 

名護市から出発するので潜れるポイントが北は辺戸岬から南は北谷までと幅広くなるので、ポイントに関しては相談させて下さい。

 

ポイント詳細やスケジュールは各メニューのページでチェック!

お店の地図

那覇空港からバスで移動

 

名護バスターミナル行の高速バスが約30分に1回出てます。
所要時間は約2時間
参考@https://mb.jorudan.co.jp/os/bexp/line/0604/
参考Ahttp://www.kotsu-okinawa.org/map_ap_exp.html

 

那覇からレンタカーで移動

 

那覇空港から最寄りの高速道路の入口は「豊見城・名嘉地IC」になりますので、それに乗ってもらい後はそのまま最終の「許田IC」まで走ります。
許田ICから降りたらそのまま58号線を北上し15〜20分程走ると左手にレストラン「ガスト」が見えるのでその交差点を右折し、50mほど走ると右手に薄黄緑色の一軒家があります。

スタッフ紹介

 

 

宮原 雄介
Yusuke miyahara

 

1982年2月6日産まれ みずがめ座 O型
PADIインストラクター ♯817254

 

趣味
水陸問わず映像撮影! 食べる事! 新しい物好き!

 

撮影機材
一眼レフ:SONY α7B+ノーティカムハウジング
一眼レフ:Nikon D810+アンティスハウジング
コンデジ:OLYMPUS TG-6、SONY RX-100M5
アクションカム:GoproHERO5、GoproHERO7
ドローン:DJI MAVIC2

 

 

沖縄産まれ名護市育ちのウチナンチュで地元の名護高等学校を卒業後にダイビング経験が無いにも関わらず何故か?ダイビングのインストラクターになる事を決意し、福岡県の専門学校でインストラクターの資格を取得。
卒業後はセブ島最南端のリロアン村でダイビングガイドの基礎を学び、沖縄本島に帰ってきてからは読谷村や本部町のダイビングショップで経験を積んだのち、2011年に地元の名護市でフィールダイブをOPENさせました。

 

ガイドスタイルはマクロ生物を探す事と水中撮影のレクチャーが好きなのでどうしてもそっち寄りになる事が多いですが、

青い海でまったり潜ったり地形をガンガン攻めるダイビングスタイルも好きです。

 

ガイドする時のテーマは、その日の一番の海を一番良い状態で見てもらえる様にする事。

たまにリクエストとは違う事を提案させてもらう事もあるとは思いますが、その時は相談にのってもらえると嬉しいです。