瀬底島 (せそこじま)

本部町から伸びる全長760mの瀬底大橋を渡れば簡単に上陸する事ができる瀬底島。

 

この島の水中は東西南北によって地形が大きく変わるのが特徴で、
一番人気の西側には神秘的な地形ポイントやドロップオフがあり、
洞窟の中から外を見た時のブルーは思わずため息が出ちゃいます。

 

 

北側には基本は砂地ですが大きなユビエダハマサンゴの群生などもあり、
季節によってはサンゴの間に卵を産みにくるコブシメの産卵が見られる事もあり。

 

 

南側には本部海域ではあまり見られない人気のマクロ生物がいっぱい。

 

 

東側には漁礁がありカマスやツバメウオの群れから、
ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウが水深10mで沢山観察できます。

 


 

そして瀬底島のポイントはバリエーション豊富なだけじゃなくて、
港からも凄く近いので多少海況が悪い日で潜る事が可能なのです。

 

恩納村や那覇のボートが出ない日でも瀬底島なら潜れる事も多いので、
海況不良でダイビングが中止になってしまった時は一度お電話下さい。

 

台風が直撃してる時以外は結構潜れます。

 

本部町から伸びる全長760mの瀬底大橋を渡れば

簡単に上陸する事ができる瀬底島。

 

この島は東西南北によって地形が大きく変わるのが特徴で、

一番人気の西側には神秘的な地形ポイントやドロップオフがあり、

洞窟の中から外を見た時のブルーは思わずため息が出ちゃいます

 

 

北側には基本は砂地ですが大きなユビエダハマサンゴの群生などもあり、
季節によってはサンゴの間に卵を産みにくるコブシメの産卵が見られる事もあり。

 

 

南側には本部海域ではあまり見られない

人気のマクロ生物がいっぱい。

 

 

東側には漁礁がありカマスやツバメウオの群れから、

ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウが、

水深10mで沢山観察できます。

 


 

そして瀬底島のポイントはバリエーション豊富なだけじゃなくて、

港から近いので海況が悪い日で潜る事が出来るのも特徴。

 

恩納村や那覇のボートが出港難しい日でも、

瀬底島なら潜れる可能性があるので、

海況不良でダイビングが中止になった時は一度お電話下さい。

 

台風が直撃してる時以外は結構潜れます。

瀬底島で開催可能なメニュー

ファンダイビング→ファンダイビングの明細を見る

 

体験ダイビング→体験ダイビングの明細を見る

 

シュノーケリング→シュノーケリングの明細を見る

 

ナイトダイビング→ナイトダイビング明細を見る

 

ダイビング講習→ダイビング講習の明細を見る
※要相談

 

ファンダイビング→ファンダイビングの明細を見る

 

体験ダイビング→体験ダイビングの明細を見る

 

シュノーケリング→シュノーケリングの明細を見る

 

ナイトダイビング→ナイトダイビング明細を見る

 

ダイビング講習→ダイビング講習の明細を見る

※要相談